昨日(6月13日)までの作業の進捗状況です。昨日は朝から本降りの雨。せっかくの休みなのにトンボ散歩もできずに終日製作していました。

前回は番外編ということで、タンクの燃料メーターを削り落としたところまでアップしましが、今回はもうひとつのトホホ・・フェンダーの修正からです。
燃料タンクがついたので、シャーシーの製作も終盤です。
ボンネット側面カバーの脱着を可能に工作します。
_20200602_203213



キットでは、側面カバーのフックが再現されてません。各々位置を確認してプラ板で再現しました。
_20200602_211546

塗装して接着するとこんな感じ。カバーを被せて
_20200602_211531


逆さにしても外れません♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

更にフェンダーを仮止めしてみます。
_20200604_184433


ここで嫌なことに気づいてしまいました。左右のフェンダーの後ろの部分の長さが違います。
右フェンダーが短い。これは、多分右側床下部分に大きな雑具ラックがつくのでそれと干渉するのを防ぐ処置だと思います。ということは、白雪姫のような雑具ラックが装備していない前期型は、切り詰めていないことが想像されます。
_20200604_184456

上初期型・下ラック装備型
確かにラックのない初期型は、フェンダーの長さがあります。

付け足します。
_20200604_185540

_20200605_190242

プラ板とパテで四角く接着・・・削ります。
_20200605_205041

こんな塩梅でどうでしょう。
_20200605_205556

すこし膨らみが足らないので、パテを盛ってまた削ります。

_20200606_055852

サフふいて・・・・

_20200606_060557

燃料メーターを削り落としたタンクと一緒に塗装です。
_20200606_061756

はい、修正完了。

次に先日浅漬け方式で綺麗になってもらったタイヤを塗ります。
_20200606_203847


ホイールを車体色で塗った後、ホイールに近いタイヤ部分だけ筆塗りして、大体の大きさに切ったマスキングテープでマスキングします。結構ホイールにぴったりに円を切り出すのは難しいのですが、この方法だと気楽にできます。
タイヤ色をふいてマスキングをはがします。筆塗り部分と吹いた部分で差は出ません!
_20200607_060020


ここで、シャーシーとタイヤの汚し塗装に入るのが、いつものパターンなのですが、今回は気分がのらなかったので、運転席の工作に突入しました。

_20200606_202902

床部分を組んだ後、木目部分を筆で木目色に塗装。いつのもシリコンバリアを塗って、車体色を吹きました。
シートは、布部分の再現が3DCAD然とした味気ないものだったので、モーターツールで削った後着色しています。
_20200607_151433
_20200607_200215

各種レバー類も塗装して接着しました。

ここにきて・・・なんだかやっぱり味気ない。キットでは再現されていない部分を付加工作しましょう。
_20200609_204423

まずは、ジャッキです。本体部分はジャンクボックスから48飛行機の爆弾の前部分。そのたはプラ板・棒でスクラッチです。

_20200612_202622

実車では、後部座席の間に設置されています。

_20200612_202650

幾分オーバースケールになってしまいましたが、こんな感じで配置です。

次に
_20200613_080244

エンジンのスターティングハンドルをプラ棒で自作しました。
_20200613_080336
ハンドブックのこのイラストを見ながら自作したのですが、この場所がどこなのかがよく分からず悩みました。画像検索をしまくって見つけた画像がこれ。
CIMG9013.jpg.6e52b21bfd215c182892e5e363070c4c

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦ いい画像でしょ。床板が車体色で塗装されているのもよくわかる。
_20200613_080737

ハンドル部分は床板に穴をあけて設置です。

さらに
2mm丸棒を ハンドグラインダーに挟んで先っぽをヤスリでまるく削ります。
_20200613_081634


適当な長さに切って、プラ板と伸ばしランナーで

_20200613_083709


正直、となりに1円玉をおきたいサイズです♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
_20200613_084025

オイルカン(オイル差し)は、こんなところが設置場所とのことです。ただのせてあるだけなのか?
ストラップがあるのかな?
_20200613_084103

イラストだとストラップ止めされてるように見えますね。

画像がピンボケボケですが、
_20200613_102852

助手席のハンドガードを真鍮線で再現。シートの下には工具箱が設置されているようです。
そしてその影には、ジャッキハンドル。

そして、
4.JPG.63810987a8e3e2da6b9207d25caa0215

これがなんだかわかりますか?

IMG_1587.JPG.1c2922c8f39b5700414ea3084c7c10c2


これを操作するスイッチです(スイッチっていうよりハンドル)

4.JPG.63810987a8e3e2da6b9207d25caa0215

ここ位置が倒れてる時、引っ張って上に引っ掛けると、あがります。

_20200613_110852

なんだかかなりテキトーな無造作な位置に設置されてるけど(SV2Sでは運転種の右手側にせっちされている)
_20200613_110949

再現してみました。これもちょっとオーバースケール(^_^;)

外がわの腕木部分は、キットではモールドすら再現されてませんので、
0.5mm幅で掘りました。
_20200613_170827


_20200613_175452

裏面には、腕木の収納部分を箱組みしています。運転席側にはマップケースを自作。
さらにそれぞれにライフルホルダーを付加しています。
_20200613_205336

腕木は可動します。
可動画像はtwitterにアップしていますので、よかったら覗いてください。