Scammell Pioneer SV2Sが完成したので、次の製作に取り組んでいます。
_20191015_094246

こちらです。 ホビーボス(以下ほび没)のGMC Bofors 40mmです。そのうちに作るぞと積んであっという間にもう8年にもなるキットです。それまで、レレレのキットしかなかったので、発売時は狂喜乱舞したことは覚えています。こんなキットがインジェクションで発売されるなんて・・・いい時代になったと。
で、出来の方は・・・。フランクパパとしては珍しくキットレビューを当ブログで行っていますので、
こちらをご覧下さい。frankpapa99.doorblog.jp/archives/16367830.html

IMG_20191017_195931

こんなアフターと共に仕上げるつもりです(画像は着手時に撮影・・・なのでSV2Sがこんな状態の時でした)

_20190907_154748

_20190907_154810
_20190907_154833


キットの指定通り、エンジンから組みます。いい出来です。パーツ再現もこのサイズなら100点万点を上げたいレベルです。

いつものように少しですがパイピング(コード)を施しました。
_20190907_183436

点火プラグコードを付加しています。点火順はテキトー(^_^;)でもたぶんこんな順番。
ただしここで嫌なことをみつけてしまいました。実車は6気筒エンジンなのですが、この間隔でコードをつないでいくとプラグが5個しかありません・・・(^_^;)
こーゆー爪の甘さが、ホビーボスをホビ没と呼ぶ所以です。中華キットが中華キットたるところ。
_20190907_183651

プラグコード以外に、燃料系のパイピングを付加しています。
全部は無理なので見える(目立つ)部分のみです。

で、塗装
_20190908_142026

今回もボディ基本色(車体色OD)は、嫌のなのでダックエッググリーンに塗ってみました。

_20191008_211647

細部を塗り分けます。
_20191008_211713

かなりテキトー。イメージ優先の塗り分けです。
_20191009_210713

_20191010_193921

ファレほやAKで汚しました。最初やりすぎてどー見ても廃車エンジン・・・(^_^;)
レストアしなければ動かない雰囲気ばっちりだったので、すこし落として落ち着かせています。

シャーシーを組んで、エンジンを乗せてここでまた中華キットが中華キットである点。
ホビーボスがホビ没な点に気づいてしまいました。
_20191013_103818

エンジン前部が宙に浮いています(ピンボケ画像ですみません)(^_^;)
実際にこんな分けないのにへーきでキットにしてしまうところが、大陸のお国がら。

実車はこんなところにマウント用のボルトが見受けられます。
_20191013_105945

_20191013_112919

で、たぶんこんな感じでいいのだろうとでっち上げ再現です。

シャーシーの製作はここまで進行しています。
今回もある程度のパイピング(ブレーキ系)を施そうと思ってますが」、メリハリつけたいので実車では車体色に塗られているパイプを銀や黒にしたく、シャーシー塗装後に施す所存です。
_20191017_192904