週末に、職場改善の発表会があった為に殆ど模型作りが出来ませんでした。会社のトップが命掛けてやってることなので、気を抜くととんでもない所に飛ばされた…なんて事例も多々f(^_^;
普段仕事はテキトーなフランクパパですら残業しましたよ(笑)
色々叱咤されましたが、慣れたことなのでまあ⭕と言うことにして、土日はゆっくり休養と…
が、長男に続いて上さんがインフルエンザ発症m(。≧Д≦。)m
齢90を、超えた親父にうつっては大変なことになるので、二人を家内隔離してお三度してました。
のて。いま一つ進捗してませんが、
Brockway quickway Craneの進捗状況です。

4b8ac066.jpg

ウィンチのスクラッチに気をよくして、始めたフェンダー回り、眩しいほど金色に輝くエッチングパーツを黒染めして使用しています。。
燃料タンクを設置しようとして嫌なことに気づいてしまいました。。

44de4d4b.jpg

キットの指定のまま接着するとシャーシー上面と高さが揃うのですが、実車は明らかにタンクの方が高い。トラックにする場合は許容範囲かも知れませんが、Craneの場合、この上、デファレンシャルケースの上に橋を渡すよーにスペアタイヤラックが乗ります。キットのままだとその基部の高さが合いません。で

264f01bf.jpg

タンクもスクラッチf(^_^;
いざ接着しようとしてまた大変なことに気づきました。最初につけたシャーシーの補強板の長さが足らなかったのです。きちんと計測して作ったはずなのですが、どーもプラ板を切り出す際に、1cm短く計ってしまっていたよーですf(^_^;
折角植えたリベットを慎重に抜いて、ふたたび正確な長さのプラ板を貼り、植え直しました。

28169424.jpg

隠れてしまう部分のリベットは今回は植えていません!

38a411e7.jpg

タンク回りの製作は、スペアタイヤラックの製作を始めた時にすることにして、キャビンの改修に着手しました。実車は、クレーンアームが、干渉しないよーに、助手席部分が切られて、塞がれています。
写真よりサイズ割り出してキャビン背板も切り飛ばしました。
背板をプラ板から切り出し、ななめに桁をいれて、

b48b136f.jpg

上面に、滑り止め再現された板をかぶせました。
おおよその形状ができました。

0c510e48.jpg


この後、ウィンドシールドや細部を再現して行きます。