先日の3連休に続いて本日もお休みをいただいております・・・・
別に朝お腹が痛かったわけでも、流行りのインフルや豚コレラにかっかったわけでもありませんよ。正規のお休みです♪

で、朝からみっちり製作に励んでました。ちょっと疲れたので小休止もかねて、進捗報告です。
と言っても、お昼にあの「チョコレートらーめん」食べてきちゃいましたけど~
そちらは、後日「ラーメン書庫」にてご報告いたします♨

10日(日)の朝から、Quickway Craneの製作に着手しています。
まずは、車体の大判のギヤ部分から、その場合わせでサイズを割り出して、クレーン本体の背骨にあたる部分から作って行きます。
66fcf7ae.jpg

(画像ボケボケですみません(^_^;))
実車画像やマニュアルからなんとなくサイズを割り出してパーツを切り出して行きました。突き出た棒は、クレーン側からの動力で回転し下についたギヤと車体の大判ギヤとで本体の回転をにないます。
ここが、ギヤと噛み合うから、ここからここまでが車体のギヤ直径と同じ長さだからここは、○○cmで切りだそう・・・なんて感じデス(^_^;)

70b373f6.jpg

車体に載せるとこんな感じ。後ろに伸びてるH棒は、長めに切り出して組み立てながら長さの調整をします。

0202e453.jpg

回転ブレーキの仕組みなどを付加しました。

429709c0.jpg

クレーンの床の構造物(シャーシー?)を組んでいきます。
ここで、クレーン本体の大きさがきまるので、何度も様子を見ながら長さや位置を調整しています。

f96771ae.jpg

桁が全てできました。ウィンチの枠やエンジンの支持架がのる部分にしっかりH材はL材、□材が使われています。

75c7b3b4.jpg

枠を組みました。0.5mmと0.3mmのプラ板を切り出して、桁の周囲を囲うように接着していきます。

47ea34a9.jpg

前部向かって左側の○部分には、内側に作業灯がつきます。
これで、クレーン本体の平面が決まりました♪

車体に仮組みです。
59e617a0.jpg

最初思っていたイメージより小さい気もしますが、写真を何度も見直した結果、概ねサイズは良好と思っています。

193209a4.jpg

回転させてもギリギリ干渉しませんよ♪

小さな進捗ですが、サイズと位置をいちいち割り出しては、切り出し仮組み調整の連続でしたので、かなり疲れましたよ。

次は、いよいよウィンチの支持架の製作に突入です。