今週は、ラーメン食いすぎて夜腹が重くておもうように模型製作もはかどりませんでした(^_^;)
なぜか?週末は天気がよくない傾向・・・ヽ(;▽;)ノ
青空に舞う赤とんぼを拝みに行きたいのに・・・・。
仕方ないので、模型作ってましたよ。

運転席内部はほぼ前回で終了したので、クルーキャブの製作に取り掛かりました。
ba5e3f33.jpg

ほんの一部だけ、付加。 内部の弾薬箱ラックを薄いプラ板に置き換えてます。
前部の壁を貼る前に、内部の塗装をします。

94a0c9a7.jpg

シートクッションは、運転席同様ににCAD然とした四角い板がパーツ化されてるだけなので、モーターツールで削るのと同時にエポパテで少し凸凹をつけ、周囲に伸ばしランナーで縫い目を入れてます。

32a7c3d1.jpg

床板のハゲチョロ再現です。黄色系の色(バフ?)で、サイドに描き込みました。

3029be5c.jpg

金属部分に茶系色で、スポンジチッピングを軽く実施。※WW2英国車両の多くは、キャビンの桁が木製の場合が多いので注意。
ウオッシングとスミ入れ。油系のシミなどを再現して内部の塗装はまあ終わりにします。
前部壁に取り付けられたシートも、キットは、運転席と同様の出来だったので、同じように付加しています。

次は、
ac165878.jpg

思いつきで、左に写っている「即製スリング金具製造機」を作りました。
古くなった筆の柄を切って、そこにスリング金具の幅に合わせた金属板をはめただけデス。左側の二つ折になってる部分に線をはさんでぐるぐる巻いた後、切るだけですが・・・(^_^;)
大きさが大きさなので、こんな簡易ツールでも作業性は向上しました♪

649ca825.jpg

完成したエンフィールド№4 Mk1 と思われる小銃です(^_^;)
キットには、クルーキャブ用の5丁しか入っていなかったので、1丁は、古のタミヤから、コンバートしてきました。
どれが、タミヤかわかりますか? 一番手前がタミヤです。40年以上前のタミヤの方が、雰囲気よくできてるのには、複雑な気持ちになります。
ストラップ(スリング)は、いつものマスキングテープです。
糊付きの薄い鉛テープを購入したいと思いつつまだ仕入れていないので、結局こんな出来になって仕舞いました。
ストック部分の塗装は、茶系で塗装後木目を少し入れて、乾燥後クリアオレンジの重ね塗りです。実際戦場の小銃のストックがこれほどツヤツヤではなかったのですが、つや消しの作品の中でいいアクセントになると思ってます。

27a0389f.jpg

仕込みました♪
ドライバーキャブには、助手席側と運転席側に各1丁備わるのですが、今回は運転席側のみに設置です。
クルーキャブに5丁配置されるとなかないい感じとご満悦♪

で、結局また仮組みしてモチベ向上です。
653a1c17.jpg

ルーフを付けると殆ど見えなくなってしまうんだよなあ~(^_^;)